Then we dress up our dolls

高校では、乳母は私の富のチケットです。私の近所のお母さん全員が私のたとえ話の中にいて、私には話すことができないこと、そして子供ダッチワイフを叩くことを伴わないことを彼らが知っていることを確認します。私の大好きな乳母家族は、賢いと行儀の良い2人の小さな男の子を持っています。 (この種の経歴を熱望する人にとって、この物語は乳母の正確な描写ではないことに注意してください。私が維持する野蛮人の90パーセントは完全な悪魔です。)
https://www.rabudoll.com/sexdoll-07001-real158cm-love-big.html
これらの小さな男の子は人形が大好きです。つまり、私たちがそれらを探している度に、私たち全員が一緒に遊ぶことになります。それぞれのリアルドールを選ぶことから始めます。私は不幸なバスタブのイベントで彼女の髪をめちゃくちゃにしなかった人を選ぶようにしました。あなたの髪を洗った後のプラスチック製の波より悪いものは何もありませんね。だから私はいつも女の子を絞るので、最初に自分の人形を拾うことができます。
https://www.rabudoll.com
それから私たちは最新のファッションで私たちのセックス人形をドレスアップします。
ボビーの手足が小さな袖の穴を通して非常に器用になったので、私はこれらの女の子のためのすべてのドレッシングをしなければなりませんでした。これは、マテルが両親に子供と遊ぶことを強いる方法です。それでは、私たちの人形には行き場がないのです。 「今何?」私は退屈になった少女たちに尋ねました。
https://www.rabudoll.com/real-04701-sexy-doll.html
そのうちの一人は必然的にいつも彼女の人形の彼氏がやってくることを提案しました(孤独なケン人形)が、だれも現在の日付のついたロリラブドールに同意することはできません。女子高生へようこそ。他の良いイノベーターと同じように、私はこの問題を楽しいゲームに変えました。私はこの質問を使用して、女の子が間もなく文化的語彙の一部になることを啓発します。社会的側面について:現実的なデートショー
https://www.rabudoll.com/kuri-hara-love-36101doll.html
我々は彼らが所有していた人形をすべて奪い取った。その中には、垂直の髪の人形、母親からもらったレトロ人形、そして不思議な民族だがやや白い人形がある。それから私達はそれらすべてをウエディングドレスに入れて(そして “私達は”私を意味します)、彼らのプラスチックの髪をブラッシングしてそれらを並べます。
https://www.rabudoll.com/small-boobs-cute-14901doll.html
入力:ケンの人形がそれらすべてに入って拡大すると、女の子の小学生ラブドールはかすかになり、微笑むでしょう。彼は一つずつ線を下って行き、それぞれの人形に自己紹介しました。私はケンの音と要求されていないすべてのラブドールを演奏しました。